トップページ > ニキビの原因 > ニキビの原因コメドをケアする

ニキビの原因コメドをケアする

すでにご存知だと思いますが、コメドはニキビの原因として知られています。コメドは面皰(めんぽう)とも言われています。 このコメドですが、角栓と言ったほうが分かりやすいと思います。角栓とコメドは同じものです。

一般的にニキビの原因は皮脂と言われることが多いですが、皮脂は肌を守るものであり皮脂自体が悪いわけではありません。 皮脂は毛穴の奥にある皮脂腺から分泌されます。この皮脂が毛穴につまってしまうことが良くないのです。

肌はターンオーバーにより古い角質が剥がれていきます。剥がれた角質が毛穴に詰まり、皮脂と混ざったものが角栓です。つまりコメドですね。

コメドは白くてポツポツした状態なので、白ニキビと呼ばれることもあります。しかし、実際にはニキビの一歩手前の状態で、これが炎症を起こして悪化すると本格的なニキビになります。白ニキビの状態なら治りやすいので早めのケアをしましょう。

白ニキビを放っておくと、皮脂などを栄養としてアクネ菌が繁殖します。そうすると炎症を起こし赤くなってきます。これが赤ニキビです。

赤ニキビも放っておくと、さらに悪化して膿んで黄色くなってしまいます。こうなるとニキビ跡になる可能性ができています。ニキビ跡というのは、お肌がデコボコの状態になることです。膿んでしまうと、その周りの肌までも痛めるので、こうなる前にケアすることが重要です。

また、白ニキビが毛穴を押し広げ、空気に触れることがあります。そうすると黒く変色します。これが黒ニキビです。

すでにご存知だと思いますが、コメドはニキビの原因として知られています。コメドは面皰(めんぽう)とも言われています。 このコメドですが、角栓と言ったほうが分かり